男性への効果成長期には?過剰摂取すると?乳がんとの関係

成長期にイソフラボンを摂るのは良くない?


私たちは食事をすることで、生命を維持したり活動をしたりするのに必要なエネルギーや栄養を取り入れています。
タンパク質やビタミン類、ミネラルなど、栄養素には多くの種類があります。
これらの栄養素をバランスよく摂取することが、健康を維持するためには重要です。

子どもは生命を維持する、活動をするといったことの他に、身体を成長させることが必要です。
この意味においては大人よりもまんべんなくいろいろなものを食べ、たくさんの種類の栄養を摂ることが必要になります。
しかし多くの子どもは、苦いものや酸っぱいもの、辛いものなどが苦手です。
これは、人間の生命を脅かす毒を持っているものの多くがこういった味であることによるものです。
子どもは自分の身を守ろうとする本能から、苦みや酸味、辛みなどを嫌うとされています。

このように、子どもにとって食べ物の好き嫌いはあるべきしてあるものですが、あまりにもひどい好き嫌いは必要な栄養の摂取量を不足させてしまう恐れもあります。
特に小さい子どもの場合は食べる量が少ないので、好き嫌いによるある種の栄養不足が深刻化するケースも見られます。
好き嫌いが激しい子どもを持つ方にとって、必要な栄養を十分に摂取させることは大きな問題です。

こういった問題を解消するためには、大人であればサプリメントを利用することも有効な手段であると言えます。
実際に子供用のサプリメントも販売されており、年齢に合わせたものを服用することで不足している栄養を補うことは可能です。
しかし大人用のサプリメントを子どもに与えることは大変に危険です。
特に、イソフラボンは生殖機能に与える影響が、まだ明確になっていません。
子どものうちにこういったサプリメントを利用させることは、将来その子どもが大人になったときに重大な問題を抱えてしまう恐れを生じさせます。
イソフラボンの摂取方法はこちらを参考にしてください。
http://www.uc-osteoporosis.com/

食事は栄養を得るだけのものではありません。
情緒を豊かにさせ、人間性を育むという一面を持っています。
味覚を発達させ、箸などを上手に利用させるようにすることで手先を起用にする、といった効果もあります。
成長期の子どものサプリメントの利用は、慎重になる必要があります。