男性への効果成長期には?過剰摂取すると?乳がんとの関係

イソフラボンは化粧品でも効果がある?


女性ホルモンには排卵を促すエストロゲンと、反対に排卵を抑制するプロゲステロンがあります。
イソフラボンは排卵を促す女性ホルモンであるエストロゲンのような作用をすることから、植物エストロゲンとも呼ばれています。
イソフラボンは肌にハリやツヤを与えるなど、美容上、とても良い働きをします。
こちらイソフラボンとはの記事に更に詳しくイソフラボンについて掲載されています。

コラーゲンの生成を助けることでも有名です。
コラーゲンは肌の奥の層である、真皮の部分に多く存在してます。
肌に弾力を与え、赤ちゃんの肌のようなモチモチとした感触やピンとした張りを生み出しています。
このように素肌の若々しさを握っている鍵ともなるコラーゲンですが、その量が最も多いのは20歳の頃であり、そのあとは年齢を重ねるごとに減少していってしまいます。
そのため、多くの化粧品にはコラーゲンそのものも配合されていますが、生成を助ける成分を与えてあげることも、大きな効果をもたらします。

またイソフラボンは抑毛の効果も期待できます。
ムダ毛はあまり人には相談できない問題であるため、自己流の処理をして、余計に問題を深刻化させてしまうこともあるので注意が必要です。
毛抜きで抜いてしまうなどすると、毛穴を広げ、そこからばい菌を侵入させてしまうといったケースが多く見られます。
大豆イソフラボン配合の化粧品は男性ホルモンを抑制し、ムダ毛が生えてくるのを抑える効果があります。

このため、最近は化粧品に配合されている成分としても、イソフラボンは非常に人気があります。
とくに化粧水にイソフラボンが配合されている製品が多く、イソフラボン配合であることをその化粧水のもっとも優れている点としているものもあるほどです。
化粧水は朝晩の洗顔後、一番はじめに肌につけるものです。
洗顔によって失われた脂分を補給し、乾燥していくのを防ぐ働きをします。
肌を覆っていた汚れや不要となった皮脂などが洗顔によって落とされているので、化粧水に配合されている美容成分は素早く肌の奥にまで届きます。
イソフラボンは保湿の効果がとくに優れている美容成分であり、肌にしっとりとした潤いを与えます。

イソフラボン配合の化粧品がこちらに紹介されていますので、ご覧ください。