男性への効果成長期には?過剰摂取すると?乳がんとの関係

乳がん患者とイソフラボンの関係


大豆に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」に似た働きをします。
エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵を促す作用をします。
女性の体においては、20歳前後にエストロゲンを含む女性ホルモンの分泌量が最も多くなります。
その後は次第に減少していき、閉経を迎える頃になるとさらに女性ホルモンの分泌量は少なくなる傾向にあります。
こちらには乳がんや前立腺がんなどに効果があるイソフラボンについて詳しく掲載されています。是非こちらもご参考にお読みください。

このようなことから不調が引き起こされるのが、更年期障害と呼ばれるものです。
イライラする、身体が重い、動悸がする、汗が出る、火照る、といった多くの症状が、ホルモンのバランスが崩れることによる引き起こされます。
女性ホルモンは一生でスプーン一杯ほどしか分泌されないものにもかかわらず、このように女性の身体に大きな影響を与えます。
乳がん以外に女性にとって辛い更年期障害にイソフラボンが良いとされています。是非こちらもご覧ください。

大豆は乳がんにかかるリスクを低減させる食品としてアメリカ国立ガン研究所機関誌にも発表されたことがある、という経緯も持っています。
これは1978年から2004年にかけて、アメリカのジョンズホプキンス医科大学で行われた研究によるもので、大豆の摂取量が多い女性は
大豆をあまり食べない女性よりも乳がんのかかるリスクが低いという結果が導きだされました。
日本は世界でも乳がんに発症率が低くなっており、それは大豆を日常的によく食べていることによるものではないか、という説もあるほどです。
こちらのイソフラボンで女性らしさと健康の記事も参考になると思います。

この研究結果を受けて、アメリカでは大豆イソフラボンのサプリメントが一躍人気となります。
アメリカは知る人ぞ知るサプリメント大国です。
日本でもサプリメントを利用する人が多くなってきましたが、これはアメリカによる影響が大きいとされています。
アメリカではサプリメントは食品に一つと位置づけられており、食べ物を食べる感覚でサプリメントが利用されています。

しかし最近では大豆イソフラボンには反対に乳がんを発生させる危険性を高めるという指摘もあるので、注意が必要です。
過信しすぎず、摂取量を守ることが重要だと言えます。
こちらにイソフラボンに秘められていた神秘の健康成分について詳しく掲載されています。