男性への効果成長期には?過剰摂取すると?乳がんとの関係

イソフラボンの美肌効果とは


ホルモンは体内のある器官で作られ、血管を通って全身に送られる化学物質です。
有名なものに甲状腺で作られる甲状腺ホルモン、すい臓で作られるインスリン、副腎随質で作られるアドレナリンやドーパミンなどがあります。
全身に送られたホルモンは、特定の器官や細胞で、その働きをコントロールするという役割をしています。

男性の身体にのおいて生殖の能力をコントロールする働きをしたり、男性らしい体つきにする働きをしたりするのは、男性ホルモンです。
男性ホルモンのうちアンドロゲンと呼ばれるものは副腎皮質、テストステロンは睾丸で作られます。
女性ホルモンは卵巣で作られ、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。
エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵の準備をする働きをします。
反対にプロゲステロンは排卵を抑制する働きをするホルモンです。

この2つのホルモンは女性の生理周期を正しいものにし、また妊娠しやすい身体にしたりする働きをします。
この働き以外にも、体型を女性らしい丸みを帯びたものにしたり、肌や髪を美しく保ったりする作用をしています。
また自律神経を安定させたり、骨を丈夫にしたり、記憶力を高く維持したり、食欲を抑制したりする働きも持っています。
これほど多くの働きをする女性ホルモンですが、女性一人の身体で分泌されるのは一生かけてもスプーン1杯程度とごくわずかな量です。
したがって本当に少しの量の違いでも、身体に大きな変化をもたらします。

イソフラボンを積極的に身体の中に取り入れることは、女性の身体を美しくさせる効果があります。
イソフラボンで女性らしく輝く毎日を手に入れましょう。
とくにイソフラボンによって得られることが期待できるのは、美肌効果です。
イソフラボンは肌に張りや弾力を与えているコラーゲンの生成を助ける働きがあります。
また保湿力も優れており、みずみずしい肌を維持するのに、とても有効です。

イソフラボンはポリフェノールの一種であり、豆類に多く含まれています。
とくに大豆に含まれている大豆イソフラボンは、高い美容効果があることで有名です。
こちらのイソフラボンでアンチエイジングも大変参考になると思うので是非ご覧になってください。