男性への効果成長期には?過剰摂取すると?乳がんとの関係

イソフラボンが男性に及ぼす効果とは


大部分の女性は10~15歳の間に、初めての月経である初潮を迎えます。
反対に月経が来なくなることは閉経と呼ばれ、45~55歳の間であることがほとんどです。
閉経が近くなると、女性の身体はあまり女性ホルモンを分泌しなくなります。
女性ホルモンは女性の身体の妊娠や出産に関係しているホルモンだからです。
こちらに女性に嬉しい大豆の成分イソフラボンについて詳しく掲載されていますので、お読みください。

閉経の時期に向けて女性ホルモンの分泌が抑制されるようになると、ホルモンバランスが崩れることにより、さまざまな不調が起こることがあります。
これが更年期障害と呼ばれるもので、症状としては情緒不安定やイライラ、不安感、といった精神的なもののほかに、のぼせや頭痛、動悸、めまい、耳鳴りなど、
実にさまざまなものがあげられます。
ひどい場合には日常生活にも支障をきたすことがあり、寝込んでしまう人もいるほどです。
こちらにイソフラボンで病気予防について掲載されていますので、こちらも是非お読みになってください。

しかし更年期障害は女性だけのものではありません。
男性にも女性と同じように更年期障害があります。
女性の更年期障害が女性ホルモンの分泌量が減少することによって引き起こされるのと同じように、男性の更年期障害は男性ホルモンの分泌量が減少することによって
引き起こされます。
症状としては性欲の減退や記憶力の衰えなどがあげられます。
こちらにイソフラボンの効果等が掲載されています。

女性ホルモンと男性ホルモン、こうして書かれている文字を読むと、まったく正反対のもののような印象を受けます。
しかし女性ホルモンと男性ホルモンは、実はとても似ています。
女性ホルモンが女性の身体を女性らしいものにする働きをするのと同じように、男性ホルモンは男性の身体を男性らしくする働きをします。
どちらも生殖をつかさどっており、分子構造も大変似たものとなっています。
こちらにイソフラボンと病気の関係について掲載されています。

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすることが明らかになっています。
このことから更年期障害対策として大豆イソフラボンを摂取しようとする女性が多くなってきていますが、男性の更年期にも効果があるとされています。
男性の更年期障害はテストステロンという男性ホルモンの一種が減少することによって引き起こされます。
大豆イソフラボンはこのテストステロンとも似た働きをするため、男性の更年期に対しても効果があるとされています。
こちらのイソフラボン徹底分析サイトはとても参考になると思います。是非こちらもご参考にしてください。